SES Plusロゴ

SESエンジニアの転職/キャリアを応援するメディア

SESPlus お役立ち キャリア SES系企業の面接で「受かる」逆質問19選

キャリア

SES系企業の面接で「受かる」逆質問19選

2022.12.09最新更新日 2022.12.09

SES系企業の面接で「受かる」逆質問19選

目次

1.なぜ企業は逆質問を求めるのか? 2.逆質問で得られることとは? 3.逆質問のNG行為 「特にありません」という回答 調べればわかるような質問 サポートを前提とした質問< ネガティブな質問 上から目線な質問 4.SES系企業ならではの逆質問例4選 幅広い案件に参画するために必須のスキルはありますか? 御社ではどのような案件の取り扱いが多いでしょうか? 派遣先が決まりやすいエンジニアに共通点はありますか? 5.アピールにつながる質問例5選 今後のビジネス展開を教えていただけますでしょうか? 求めるエンジニア像を教えていただけますでしょうか? エンジニアに身につけて欲しいスキルはありますでしょうか? 御社の課題を教えていただけますでしょうか? エンジニアがビジネスの改善提案をしてもいいのでしょうか? 6.企業との相性がわかる質問例4選 どの技術を採用している現場が多いですか? どのようなチーム体制で業務を行っているのでしょうか? 御社の教育方針を教えていただけますか? 御社のエンジニアはどのようなキャリアを歩む方が多いですか? 7.リスク回避につながる質問例3選 残業は多いですか? 残業代は出るのでしょうか? 休日出勤はありますか? 8.落とされる可能性があるNG質問例3選< 社ではどのようなことが学べますか? 困った時にだれが助けてくれるのでしょうか? 研修制度は充実していますか? 9.オンライン面接で好印象を与えるその他のポイント 明るい部屋で話す 綺麗な背景の場所で話す 目線をカメラの位置に合わせる ちょうどいい距離感で話す 10.まとめ

本記事ではSES系企業の面接で質問すべきことについて解説します。逆質問は「自身の疑問点を解消できる」というメリットだけではありません。上手くやると意欲や強みをアピールできる絶好の機会です。ぜひこのチャンスを活かし、第一志望の内定を勝ち取りましょう。ただし、質問の内容によってはネガティブな印象を与えてしまうので、その点は十分にお気をつけください。効率よく内定を獲得するためにも、こちらの記事で解説する「良い逆質問のポイント」を学びましょう。合わせて「逆質問で注意すべきこと」も解説するので、そちらも参考にしてみてください。

なぜ企業は逆質問を求めるのか?

企業が逆質問を求めるのは、求職者の不安を解決するためです。しかしそれだけが企業の目的ではありません。実は逆質問の内容を考慮し、あなたの評価を決めているのです。
逆質問には以下の様な採用側の意図があることを理解し、その内容も評価対象に入ることを意識しておきましょう。面接前にあらかじめ質問項目を準備しておくことが大切です。

●求職者の価値観をより深く理解するため
●求職者の熱意を測るため
●求職者のコミュニケーション能力を確認するため

だからこそ適当に答えるのがNGなのは当然として、何も質問しないのはせっかくのアピールチャンスを潰してしまうことになります。

逆質問で得られることとは?

逆質問をすると以下の様なメリットを得られます。

●理想的な条件で働けるかわかる
●熱意をアピールできる
●ブラック企業か見分けることができる

実は逆質問をするとご自身の能力をアピールすることができます。
ぜひチャンスだと考え積極的に質問しましょう。またご自身が理想とする企業や避けるべき企業を見分けるためにも、逆質問は役に立つのです。
とはいえむやみに質問すれば良いわけではないので、その点は注意しましょう。
これから「逆質問において気をつけるべきポイント」もお伝えします。
面接でミスをする前に確認しておきましょう。

逆質問のNG行為

逆質問のNG行為は以下の通りです。

●「特にありません」という回答
●サポートを前提とした質問
●ネガティブな質問
●上から目線な質問

「特にありません」という回答

「特にありません」という回答は、意欲がないとみなされてしまいます。そのうえ、採用側にご自身の価値観やコミュニケーション能力も伝わりません。何も逆質問しないのは、アピールする機会を自ら放棄しているのと同じです。非常にもったいないので、面接に臨む前から最低でも3つほどは必ず質問項目を用意しておきましょう。「何を質問すれば良いのかわからない」という方は、記事の中盤以降でご紹介する質問内容を参考にしてみてください。

調べればわかるような質問

調べればすぐにわかるような質問をすると「何も調べてないんだな」「自分で調べる能力がないんだな」と判断されてしまいます。経営理念や事業内容、雇用条件などは、事前に企業研究して把握しておくといいでしょう。企業が参入している業界の基礎知識も事前に調べておくと、面接でも高度な会話ができるため好印象に繋がります。
逆質問は「ご自身の情報収集力が試される機会」です。特に「他の企業にはない強み」について着目し、「なぜ御社はこの様な圧倒的な強みを手に入れることができたのでしょうか?」といった質問をすると、ビジネスリテラシーの高さをアピールできます。またシンプルに、自社の良い点を褒められるのは嬉しいことなので、面接担当者が喜ぶようなコミュニケーションを積極的にとっていきましょう。
他にもご自身の能力の高さをアピールする質問はこれから沢山お伝えしますが、ベースにあるのは「綿密な企業研究」であることを忘れないでください。

サポートを前提とした質問

「研修は充実してもらえるか?」「キャリアは保証してもらえるか?」「報酬は高くしてもらえるか?」といった、「自分のメリットばかりを求めるような質問」は避けましょう。なぜなら、受け身で主体性のない人材だと思われてしまうからです。自分がサポートを欲している理由など質問の意図を面接官に伝えると、受け身という印象を変えられることがあるため、質問背景も同時に伝えるとよいでしょう。

ネガティブな質問

「なぜ業績が悪いんですか?」「御社の商品の欠点はどこですか?」など、基本的に採用担当者を不快にさせるような直接的な質問は避けましょう。どうしても気になるのであれば「御社は素晴らしい企業だと思うのですが、なぜここ数年は業績が落ち込んでいるのでしょうか?」など、先に相手を褒めた上で質問すると良いです。基本的にネガティブな質問は、ポジティブな前置きでワンクッション入れるといいでしょう。

上から目線な質問

「仕事は選べますか?」「ちゃんとスキルに見合うだけの給料をもらえますか?」など、上から目線の質問も印象を悪くします。なぜなら、いくら能力が高くても上から目線で偉そうな態度のエンジニアが入社すると、現場の開発チームを崩壊させる恐れがあるからです。エンジニアはチームで動いて大きな成果を生み出すことが多いので、「この人と一緒に働きたい」と思われなければ採用はされません。

SES系企業ならではの逆質問例4選

ses

SES系企業ならではの逆質問例4選は以下の通りです。

1.幅広い案件に参画するために必須のスキルはありますか?
2.御社ではどのような案件の取り扱いが多いでしょうか?
3.派遣先が決まりやすいエンジニアに共通点はありますか?

それぞれの理由について詳しく解説いたします。

id=”41″幅広い案件に参画するために必須のスキルはありますか?

SES系企業では様々な現場に派遣されるので、幅広い現場に柔軟に対応でき、派遣先が決まりやすい人材が好まれます。特定の技術に特化して強みを作ることも大切ですが、汎用性の高いスキルを身につけ、どんな現場でも柔軟に対応する姿勢を大切にしましょう。「この技術を使って開発をしたい」「派遣先は自社開発じゃないと嫌だ」といったこだわりの強いエンジニアは嫌煙されがちなので、その点は注意しましょう。

御社ではどのような案件の取り扱いが多いでしょうか?

SES系企業が抱えている案件の傾向に沿ったスキルを身につけると、派遣先が決まりやすいです。たとえば「PHP/Laravelを採用したサーバーサイド開発の案件が多いSES企業」では、当然、PHP/Laravelの実務経験があるエンジニアが好まれます。積極的に必要なスキルを身につけ、「派遣先が決まりやすいエンジニアになろうとする姿勢」を見せるとアピールにつながるでしょう。
それにこういった質問をすると、SESで求められているスキルを既にご自身が身につけている場合、自己アピールもしやすいです。向上心や相性をアピールするためにも、こちらは確実に質問しましょう。

派遣先が決まりやすいエンジニアに共通点はありますか?

こちらも「派遣先が決まりやすい人材」になるための質問です。SES企業ではエンジニアが派遣先で稼働しないと、企業の業績も上がりません。なぜならSESはエンジニアを派遣することで、派遣先の企業から報酬を得ているからです。つまり、稼働していないエンジニアが多いと売上を作れないため、積極的に派遣先で活躍してくれる人材を求めています。だからこそ積極的に現場で稼働しようとする姿勢をアピールしましょう。

アピールにつながる質問例5選

appeal

アピールにつながる質問例5選は以下の通りです。

1.今後のビジネス展開を教えていただけますでしょうか?
2.求めるエンジニア象を教えていただけますでしょうか?
3.エンジニアに身につけて欲しいスキルはありますでしょうか?
4.御社の課題を教えていただけますでしょうか?
5.エンジニアがビジネスの改善提案をしてもいいのでしょうか?

それぞれの質問がアピールにつながる理由について解説します。

今後のビジネス展開を教えていただけますでしょうか?

この質問をすると、エンジニアの業務だけではなく、俯瞰してビジネスについて考えられることをアピールできます。それに企業全体の将来の展望が見えると、ご自身のキャリアプランもイメージしやすいです。例えば海外展開を視野に入れている企業であれば「TOEICを勉強しておくとキャリアアップできそうだな」といった判断ができるでしょう。またシンプルに、将来について質問するとワクワクするのでおすすめです。
それに今後のビジネス展開を確認しておくと、「企業の方向性と自分が進みたい方向がずれそうだから、この企業はやめておこう」といった判断もできます。ご自身のキャリアプランを実現するためにも、ミスマッチを避けるためにも、確認してみると良いでしょう。

求めるエンジニア像を教えていただけますでしょうか?

エンジニアとして現場で活躍するために、技術面だけではなくマインド面でも要求されることを確認するといいです。採用をすすめている企業には「マネジメント能力のあるエンジニアが足りないから、チームの生産性を最大化させられる人材が欲しい」「今は特定の技術を持ったエンジニアが足りないから専門性の高い人材を探している」といった様々な要望があります。そのためご自身の強みと、求められているエンジニア像がマッチしているかを確認しましょう。
実際に求められる人材は常に一定というわけではなく、企業のフェーズや時期によって変化していきます。そのニーズが一致しないと、企業は「欲しい人材と違った」という不満を持ち、転職者は「実際に働いてみるとやりたいことと違った」という不満を持ちます。
このようにお互いが不満を持ちながら我慢して働き続けるのはストレスが溜まりますし、かといって転職をするにもまた労力がかかります。相性を確認せずに入社してしまうと、損するのは結局ご自身なので、採用側が求めるエンジニア像も確実に確認しましょう。

エンジニアに身につけて欲しいスキルはありますでしょうか?

身につけるべきスキルに関しては、専門的なスキル(ハードスキル)と、個人の特性に関連するスキル(ソフトスキル)の両方を聞いた方がいいでしょう。特にソフトスキルに関しては、抽象的でイメージがわかない方もいらっしゃるかと思うので、少し掘り下げてご説明します。
ソフトスキルとは、「問題解決能力」や「コミュニケーション能力」といった、ビジネスに必要な汎用性の高いスキルのことです。エンジニアはプログラミング言語やフレームワークなど、ハードスキルについてはよく学びますが、ソフトスキルの部分で課題を抱えている方もいらっしゃいます。
例えば、技術力はあるのにコミュニケーション能力が全くないエンジニアだと、チームワークが求められる現場で活躍するのは難しいでしょう。それならむしろ、技術力はそこそこでもコミュニケーション能力が高く、チームワークを大切にして自分にできることを見つけられるエンジニアの方が重宝される場合もあります。
もちろん「ソフトスキルがないとダメ」と一概に言い切ることはできませんが、ソフトスキルがあって損をすることはありません。継続的に実力を磨いていくと、ビジネス面だけではなく人生全体に対して良い影響があることは確かです。

御社の課題を教えていただけますでしょうか?

企業の経営上の課題解決に貢献する姿勢を見せることも大切です。こちらは相手の欠点を指摘する質問であるため、聞き方によってはネガティブな印象を与えてしまいます。あくまでも「業績に貢献するために聞いている」という姿勢を大切にしましょう。
「御社の課題解決に貢献できたらと思うのですが、現在の経営状況において何か課題などあれば教えていただけますでしょうか?」といった前置きを挟むことが重要です。

エンジニアがビジネスの改善提案をしてもいいのでしょうか?

たとえITに関する専門性が高いエンジニアといえど、過度に業務範囲を限定せず、積極的にビジネスの改善提案をする姿勢は重要です。企業である以上、技術の追求よりも大切なのは利益を出し続けることであり、それが不可能になると企業活動を続けることはできません。
だからこそ、業績に貢献できる様な提案はITに限らずどんどんしていきましょう。ただし、改善提案も度を越すと押し付け感が出てきてしまいます。「提案は積極的にするけど、自分の意見にこだわりはない」「組織が良い方向に向かえば嬉しい」など、補足を加えて柔軟性もアピールすることが大切です。
エゴを通すのではなく、全体最適の視点からビジネスの改善提案ができるエンジニアは、企業にとってもありがたい存在であるため重宝されるでしょう。

企業との相性がわかる質問例4選

aisyou

企業との相性がわかる質問例4選は以下の通りです。

1.どの技術を採用している現場が多いですか?
2.どのようなチーム体制で業務を行っているのでしょうか?
3.御社の教育方針を教えていただけますか?
4.御社ではエンジニアはどのようなキャリアを歩むことができますか?

どの技術を採用している現場が多いですか?

こちらの質問をすることで、ご自身が興味を持てない技術領域になっていないかを確認できます。「自分はGo言語のスキルを身につけたいのにJavaを用いた開発環境がメインだった」といったミスマッチが起こると、業務に身が入らずパフォーマンスが落ちるため、ご自身にとっても企業にとってもデメリットです。
ご自身が理想とするキャリアプランによっては、働くことが適切でない企業の場合もあります。「最先端の技術に触れてスキルを磨いていきたい」「マーケティングの分野に強い企業でビジネスを楽しみたい」といった様々な選択肢があるからこそ、採用している技術領域についても詳しく確認しましょう。
逆にご自身が学びたいことと、企業が採用している技術が一致している場合は、モチベーション高く業務に取り組めるはずです。企業とご自身の双方にとって良い関係を築くためにも、ぜひ確認しておきましょう。

どのようなチーム体制で業務を行っているのでしょうか?

企業のフェーズや開発するサービスによって、チームの規模や労働環境は大きく変わります。大まかな傾向として、小規模なチームの場合は、一人一人が様々な業務を担当することが多く対応力が求められるでしょう。逆に大規模なチームの場合は、指示に従って忠実に目の前の業務をこなすことが求められる場合が多いです。
多種多様な業務経験を積み上げたい人は小規模なチームで働き、特定分野のスキルを極めたい人は大規模なチームで働く、などといった基準で判断すると良いでしょう。もちろん、企業によって様々なチーム体制が存在するので、必ずしも規模によって働き方が決まるわけではありません。
企業のビジネスモデルやフェーズ、開発サービスの種類や開発段階によっても働き方は大きく変わるからこそ、逆質問して現場の状況を詳しく確認しましょう。

御社の教育方針を教えていただけますか?

「自ら主体的に動き、柔軟に課題解決に取り組める人材を育てる」「忠実に与えられたタスクをこなし、その道のスペシャリストとして責任を持てる人材を育てる」など、企業によって教育方針は異なります。現場の教育方針がご自身に合わない場合もありますし、逆に最高の環境で学べる場合もあるでしょう。
「一つずつ丁寧に学んで行ける方が嬉しい」「一度に色んな業務をこなしてガンガン成長していきたい」など、成長できる環境は人によって異なります。成長スピードに大きく影響を与える要素だからこそ、現場でどのような教育がされているのかを細かく確認しましょう。ぜひご自身にとって最高の環境を選んでみてください。

御社のエンジニアはどのようなキャリアを歩む方が多いですか?

「開発がある程度できる様になったらマネジメントに回ってもらう」「スキルアップを最優先し現場で長くスペシャリストとして働いてもらう」など、エンジニアに要求するキャリアプランも企業によって大きく異なります。そこでミスマッチが起こってしまうと、将来的に離職してしまう可能性が高いので注意しましょう。
実際、「プログラミングが好きでエンジニアになったのに、マネジメントに回されてしまい鬱になってしまった」という話も耳にすることもあります。スペシャリストとしてずっと現場にいたいのか、経験を積んだらマネジメントに回ってチームを動かしたいのか、ご自身のキャリアプランを明確にし、相性のいい企業を選びましょう。

リスク回避につながる質問例3選

risk

リスク回避につながる質問例3選は以下の通りです。

1.残業は多いですか?
2.残業代は出るのでしょうか?
3.休日出勤はありますか?

ブラック企業に入社してしまわないよう注意する必要があるので、ぜひ上記のポイントも抑えておいてください。
ただし、うかつに質問をしてしまうと印象が悪くなる可能性もあるので、面接時の様子を見て「もしかしたらブラック企業かもしれない」と思った時に質問しましょう。

残業は多いですか?

企業によっては下請けで立場が弱かったり、プロジェクトマネジメントができていなかったりと、様々な要因によって残業が多くなる場合があります。そのため現場で働いているエンジニアの平均労働時間も、企業の状況によっては長くなってしまうでしょう。
しかし、そこでワークライフバランスを実現できないと、結局は体調を崩してエンジニアを続けられなくなってしまいます。ご自身の身体は最も大切にすべき資産です。だからこそ無理な労働環境で疲弊し、再起不能にならないためにも、労働時間は可能な限り正確に確認しておくといいです。

残業代は出るのでしょうか?

残業代が出ない企業は、利益率の低いビジネスモデルを組んでいたり、マーケティング力が低く集客がうまくいっていなかったり、予算管理が甘く経費が利益を圧迫していたりと、業績が悪い可能性が高いです。そのような将来性のない企業で働くと、大したスキルも身に付かず市場価値も上がらない可能性があります。
わがままではなく労働者の当然の権利として「残業時間は少ない方がいいし、残業するのであれば時間外労働の報酬をきちんと支払ってくれる企業の方がいい」でしょう。もし残業代が出ないのであれば、そのような企業では働かないことを強くお勧めします。

休日出勤はありますか?

休日出勤があるのは、納期設定が甘かったり、手戻りの発生しやすいタスク管理になっていたりと、プロジェクトマネジメントが上手くできていない証拠です。その原因としては、マネジメント層の人材不足やスキル不足が考えられ、そのような企業で働くと炎上案件を任される可能性が高いでしょう。
もちろん、納期直前であったり、ミスの許されない開発案件であったりと、場合によってはどうしても休日出勤が避けられないこともあります。しかし、休日出勤が常態化しているような企業は、マネジメントを改善する意識が薄いため、おすすめはできません。あまりの過酷さに体調を崩してしまうと、エンジニアを続けられなくなってしまう可能性もあるのでご注意ください。

落とされる可能性があるNG質問例3選

好印象な質問もあれば、その反対に落とされる可能性がある質問もあります。
NG質問例3選は以下の3つなのでご注意ください。

1.御社ではどのようなことが学べますか?
2.困った時にだれが助けてくれるのでしょうか?
3.研修制度は充実していますか?

上記の様な「やる気がない」「主体性がない」と判断されるような質問は避けましょう。どうしても知りたい内容があるなら、ご自身の印象が悪くならない様な工夫も大切です。ここでは「無駄に印象を悪くしない工夫」についても詳しく解説するので、ぜひ面接時の参考にされてみてください。

御社ではどのようなことが学べますか?

大前提として、「教えてもらうことが当たり前」という姿勢だと主体性がないとみなされ、不採用になってしまいます。「教えてもらうことを待っているエンジニア」と「主体的に動き積極的に業務をこなしながら不明点を確認できるエンジニア」では、明らかに後者の方が成長スピードは早いです。
大切なのは企業の業績に貢献する姿勢であり、そういう姿勢があってこそ沢山の物事を学ぶことができます。もしどうしても現場経験の中で学べることを知りたいのであれば、「どの様な技術に関連する業務が多いのでしょうか?」「どの様な技術を持ったエンジニアの方がいらっしゃるのでしょうか?」といった間接的な聞き方をして状況を把握しましょう。

困った時にだれが助けてくれるのでしょうか?

自ら考え問題解決に取り組む姿勢を見せず、困った時にサポートを得ることを前提とした質問はNGです。エンジニアの仕事は問題解決なので、問題が発生したときにはまず先にご自身が問題解決に取り組む姿勢を大切にしましょう。
とはいえ現場で困った時に何もサポートがないのは確かに不安なので、もし聞くのであれば「現場で不明点やトラブルがあった際の連携体制はどうなっているのでしょうか?」という聞き方から掘り下げるのが良いでしょう。

研修制度は充実していますか?

こちらも非常に受け身な質問であり、印象を悪くしてしまいます。研修制度が充実しているかどうかは企業研究すればわかることが多いので、質問をする前にまずはご自身で調べてみましょう。
もしどうしても詳細な研修内容が気になる場合は「御社の教育方針を教えていただけますか?」といった遠回しな質問から入り、徐々に研修内容について掘り下げていくといいです。
また「積極的に技術向上したいので、具体的な研修内容についてもお聞かせいただけたら嬉しいです」という前置きをして質問をすると、積極性をアピールできるので好印象につながります。同じ内容を質問するにしても、伝え方次第で印象は大きく変わることも理解しておきましょう。

オンライン面接で好印象を与えるその他のポイント

オンライン面接で好印象を与えるその他のポイントは以下の4つです。

1.明るい部屋で話す
2.綺麗な背景の場所で話す
3.目線をカメラの位置に合わせる
4.ちょうどいい距離感で話す

上記の項目はオンライン面接ならではのポイントです。オフラインの面接とはまた違った点に注意する必要があり、少し工夫するだけで良い印象を与えられるようになるのでぜひ意識してみてください。

明るい部屋で話す

面接では第一印象が大事なので、顔が暗いとそれだけで暗い印象を持たれてしまいます。第一印象に影響を与える割合は「見た目」が55%と言われていて、次いで聴覚情報が38%、話の内容が7%であり、見た目が面接結果に大きな影響を与えるのです。
どれだけITスキルがあったとしても、どれだけ話がうまかったとしても、見た目で損をしてしまってはもったいないですよね。面接担当者も、たった数分の面接で求職者の人間性を深く理解することは不可能なため、どうしても見た目の印象を含めて判断するしかないのです。
面接の成功率を上げるためにも「面接は加点方式ではなく減点方式」という意識を大切にしてみてください。実はマイナス要素を無くすだけでも、内定をいただける確率は高くなるのです。

綺麗な背景の場所で話す

「明るい部屋で話す」という工夫に続き、こちらも第一印象に関わる工夫です。背景が散らかっていると「雑な仕事をしそうな人だな」という印象を与えてしまうので注意しましょう。逆に可能な限り背景にこだわると「仕事も丁寧にこなしてくれそう」という印象を与えられます。この様な「ノン・バーバルコミュニケーション」とも呼ばれる「言葉以外のコミュニケーション(視覚情報)」も大切にできると内定獲得率は上がるでしょう。

目線をカメラの位置に合わせる

目線がカメラより上にあると、面接担当者に対して高圧的な印象を与えてしまいます。たとえば最終面接で、社長が相手なのに自分が上から目線で対応している姿をイメージしたら、少しハラハラしませんか?本人にそのつもりはなかったとしても、目線がカメラより上にあるとどうしても高圧的な印象を与えてしまいます。謙虚で誠実な印象を与えるためにも、目線はカメラに合わせた方がいいでしょう。

ちょうどいい距離感で話す

顔が近すぎると圧迫感があり、面接担当者に息苦しさを与えてしまいます。特にスマホでオンライン面接をする時に、顔が近くなりがちなので注意しましょう。可能であればMacなどカメラ付きのPCを使い、適度な距離を保って面接を受けるようにするといいです。どうしてもPCを買うのが難しい場合は、スマホスタンドを活用し、距離を確保する工夫をしましょう。

まとめ

今回はSES系企業の面接で質問すべきことについてまとめました。逆質問は意外と力加減が難しく、何も質問をしないとマイナスの印象を与えてしまいますし、かといって積極的に質問をしたとしても、下手な質問であれば逆効果になってしまいます。何も準備がないと墓穴を掘ってしまう可能性が高いので、確実に内定を獲得するためにもぜひこちらの質問内容を参考にしてみてください。面接対策は大変かもしれませんが、努力の末に優良SESで働けるようになると様々な派遣先で有益な経験を積み重ねることができます。きっと「一生懸命対策を練って、妥協せず企業を選んでよかった」と思える瞬間が来るので、今回の内容を参考に逆質問を考えてみてください

エンジニアが辛いと感じる6つの理由とその解決策5つ

エンジニアが辛いと感じる6つの理由とその解決策5つ

2023.01.17

記事を読む

キャリア

エンジニアのキャリアパスを4つの観点から徹底解説!業界・ポジション・職種・雇用形態で考えよう

エンジニアのキャリアパスを4つの観点から徹底解説!業界・ポジション・職種・雇用形態で考えよう

2023.01.16

記事を読む

キャリア

ITエンジニアに勧める転職エージェント5選

ITエンジニアに勧める転職エージェント5選

2023.01.13

記事を読む

特集