SES Plusロゴ

SESエンジニアの転職/キャリアを応援するメディア

SESPlus お役立ち 特集 エンジニア集まれ!Modis自慢のトレーニングセンターを徹底紹介

特集

エンジニア集まれ!Modis自慢のトレーニングセンターを徹底紹介

2022.07.12最新更新日 2022.09.13

エンジニア集まれ!Modis自慢のトレーニングセンターを徹底紹介

エンジニアにとってスキルアップの方法は悩みの種といえるでしょう。Modis株式会社が設けている「天王洲トレーニングセンター」は、エンジニアの知識や技術力を向上させることに特化した研修施設です。それぞれのエンジニアのキャリアに応じた豊富なトレーニングメニューが用意されており、講師は全てエンジニアのスキルに精通したModis株式会社の社員です。この記事では、天王洲トレーニングセンターの魅力や活用方法などを詳しくご紹介します。

天王洲トレーニングセンター概要

天王洲トレーニングセンター(以下、トレーニングセンター)はModis株式会社が誇るエンジニアの育成に特化した研修施設です。ここでは新入社員だけでなく、すでにベテランエンジニアとして実務経験を持つ方まで、それぞれのキャリアに相応しい内容の研修を行っております。

Modis株式会社ではエンジニアのキャリアを最優先にしている会社です。そのための取り組みとして、エンジニアのビジョンのマッチングを行い、キャリアプランナーを設置するといった、適材適所を実現する仕組みがあります。もちろんエンジニア自身の努力は必要ですが、目標を持って前向きに取り組めば、大きな成長を遂げることができます。

トレーニングセンターでは、アップスキル・マルチスキル・リスキルの3つを実現できる環境が整っています。アップスキルとは、エンジニアの専門分野や得意分野を伸ばしてさらに高度な仕事ができる学習であり、マルチスキルとは専門外のスキルを身につけて、仕事の幅を広げる学習、リスキルとは全く異なる専門分野を選んで、新しいキャリアを始めるための学習であり、トレンドや将来性、市場価値に合わせて働くことできます。このようにエンジニアのスキルアップを包括的にサポートしている施設はそれほど多くないでしょう。

トレーニングセンターではJavaやC#などのプログラミング言語の解説書や、iOSやAndroidなどのアプリケーションソフトの解説書、OracleなどのIT系資格の参考書がずらりならんでいます。もちろんトレーニングセンターの利用者なら自由に読むことができます。

ほかの社員と交流できる休憩所も完備

トレーニングセンター内にはほかの社員と交流できる休憩場も完備しています。頭脳労働が主体のエンジニアにとっても、いい仕事は健康な肉体があってこそ。休憩所には複数台のエアロバイクが設置されており、気の合うエンジニア同士でバイクを漕ぎながら仕事やプライベートについて語り合うこともあります。

また休憩所にはダーツや自動販売機があり、トレーニングの合間のちょっとした息抜きで楽しむこともできます。
ほかの社員と交流できる休憩所も完備

休憩所

講師は全て一流エンジニア!学べる内容は多種多様

トレーニングセンターの講師は全員Modis株式会社が誇る一流エンジニアです。基本的にパソコンを使用したITのトレーニングが主体ですが、インフラやネットワークの構築など、物理的なサーバーを使ったトレーニングもでき、サーバーの設置やLANケーブルの接続なども学べます。
ネットワーク

ネットワーク2

またシステム開発やプログラミングなど技術領域の学習だけでなく、リーダーシップやマネジメントなど、技術以外のトレーニングも適宜実施しています。

仕事と学習のメリハリがついた環境

多くのIT企業では、エンジニアのトレーニングにOJTを活用していることがあります。OJTとは実務を経験させながらスキルを身につけさせるトレーニング方法であり、新入社員がいち早く戦力となるために効果的とされているものです。

OJTは確かに効果的ですが、どうしても体系的な知識や技術を身につけにくいというデメリットがあります。エンジニアに必要な知識が複数の点のように散在しているようなイメージでしょうか。

しかしModis株式会社のトレーニングセンターは仕事とは切り離して、エンジニアのトレーニングに特化している施設です。ここでは仕事に必要な技術、エンジニア自身が学びたいと思っている技術を体系的に学べる環境が整っています。新入社員からベテラン社員まで、それぞれのキャリアに応じてトレーニングの内容をカスタマイズでき集中的に学んだあとで、その技術を仕事現場で最大限に活かせるのです。

コロナ禍におけるトレーニングセンターの取り組み

コロナ禍においてトレーニングセンターは研修の約90%をオンラインでの提供に切り替えています。トレーニングセンターのキャパは500名ですが、出社率30%をMAXに設定して、トレーニングセンター内での感染予防対策を最優先に運営しています。

具体的には、1カ月の研修カリキュラムのうち「オンラインでできるもの」と「実機を用いた研修」の2つに切り分け「実機を用いた研修」のときのみトレーニングセンターを利用するスタイルです。トレーニングセンターが利用できないときは、オンラインで実習できるシミュレーション環境などを活用しながら、事業継続性を担保しています。

コロナ禍におけるトレーニングセンターの取り組み

コロナ禍においてトレーニングセンターは研修の約90%をオンラインでの提供に切り替えています。トレーニングセンターのキャパは500名ですが、出社率30%をMAXに設定して、トレーニングセンター内での感染予防対策を最優先に運営しています。

具体的には、1カ月の研修カリキュラムのうち「オンラインでできるもの」と「実機を用いた研修」の2つに切り分け「実機を用いた研修」のときのみトレーニングセンターを利用するスタイルです。トレーニングセンターが利用できないときは、オンラインで実習できるシミュレーション環境などを活用しながら、事業継続性を担保しています。

トレーニングセンターの今後の展開

現状、トレーニングセンターはModis株式会社以外のクライアント社員や一般の方も利用可能です。Modis株式会社が長年培ってきたノウハウは社外からも高く評価されており、数年前から本格的な研修外販サービスを推移深しています。

2021年は、約1000名の社員以外の方々へ研修を提供し、そのうちの約200名がトレーニングセンターを利用しています。

このようにトレーニングセンターはModis株式会社の社員育成に留まらず「世の中の人材育成に貢献」することをスコープにしています。つまり単なる社員教育の施設ではなく、社会発展に貢献する施設であると位置づけているのです。

まとめ

エンジニアにとって技術力は何よりの武器です。多くの企業では即戦力となる中途採用の求人が目立ちますが、どのような形で入社しても、スキルアップし続けることがエンジニアには求められます。この記事で紹介した、トレーニングセンターは、エンジニアのキャリアアップや学びたい技術などをカスタマイズして効率的に学習したいエンジニアにとって非常に魅力的な施設といえるでしょう。

【プロジェクトマネジメント】求められるスキル・おすすめ資格一覧!

【プロジェクトマネジメント】求められるスキル・おすすめ資格一覧!

2022.09.21

記事を読む

キャリア

【IT系】面接に通る職務経歴書作成の極意!書き方で勝つ書類選考(サンプルあり)

【IT系】面接に通る職務経歴書作成の極意!書き方で勝つ書類選考(サンプルあり)

2022.09.19

記事を読む

キャリア

【2022年版/インフラ編】現役エンジニアが薦める参考書と概要の解説!

【2022年版/インフラ編】現役エンジニアが薦める参考書と概要の解説!

2022.09.16

記事を読む

仕事術