SES Plusロゴ

SESエンジニアの転職/キャリアを応援するメディア

SESPlus お役立ち 特集 リアルな貯金事情大公開!SESエンジニア300名ぶっちゃけ調査~プライベート編~

特集

リアルな貯金事情大公開!SESエンジニア300名ぶっちゃけ調査~プライベート編~

2022.07.18最新更新日 2022.09.13

リアルな貯金事情大公開!SESエンジニア300名ぶっちゃけ調査~プライベート編~

SESエンジニア300名に聞く〜プライベート編〜

ここからは、SESエンジニアの方がハマっている漫画やゲーム、仕事において重要視するポイント、貯金額といった、プライベートな質問の結果を紹介していきます。

Q.最近ハマっている漫画はありますか?

漫画
SESエンジニアの方に最近注目している漫画作品に関する質問を行ったところ、有名な作品や新しい作品まで、様々な作品が回答にあがりました。

SESエンジニア300名に聞く、今ハマっている漫画ランキング上位10位
(単位:人)

第1位 ONE PIECE 15人
第2位 キングダム 11人
第3位 呪術廻戦 10人
第4位 進撃の巨人 6人
第4位 東京卍リベンジャーズ 6人
第6位 ゴールデンカムイ 5人
第7位 鬼滅の刃 4人
第7位 ワールドトリガー 4人
第7位 SPY×FAMILY 4人
第10位 かぐや様は告らせたい 3人

『ONE PIECE』や『進撃の巨人』などの、王道作品が読まれている

『ONE PIECE』や『進撃の巨人』など、長い連載のある作品をあげている回答も多く見られました。またその他にも、SNS上で話題を呼んだ作品である『SPY FAMILY』や『ゴールデンカムイ』といった、ジャンルやストーリーが多岐に渡る作品をあげる声も多いです。プライベートでも漫画を読むなどの趣味の時間を充実させているということがわかる調査結果でした。

『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』といった、アニメでも話題の作品が人気

アンケート調査の結果では、『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』といった、漫画を原作として制作されたアニメが大ヒットした作品をたくさんの方が回答していました。その他、上位10位にはランクインしなかったものの、安定した人気がある『名探偵コナン』シリーズといった回答などもありました。世間の最新の話題にも、敏感な方が多いという印象を受ける調査結果です。

『宇宙兄弟』や『攻殻機動隊』のような、理系分野が輝く作品も

上位10位には入っていないものの、『宇宙兄弟』や『攻殻機動隊』、『東京入星管理局』のような、理系の分野やエンジニアに関連したものもあげられていました。仕事のモチベーションに繋がる憧れや感動を得られるような、様々な作品が回答されています。

Q.最近ハマっているゲームはありますか?

最近ハマっているゲーム
SESエンジニアの方が最近ハマっているゲーム作品には、国内外の様々なものが回答としてあがりました。eスポーツ大会などの目覚ましい躍進が見られるゲーム業界は、様々な作品がエンジニアの方に注目されています。

SESエンジニア300名に聞く、今ハマっているゲームランキング上位11選
(単位:人)

第1位 Apex 18人
第2位 ポッケトモンスター 11人
第3位 原神 6人
第3位 エルデンリング 6人
第5位 ドラゴンクエスト 5人
第5位 モンスターハンター 5人
第7位 遊戯王マスターデュエル 4人
第7位 VALORANT 4人
第9位 ウマ娘 3人
第9位 ゼルダの伝説 3人
第9位 テトリス 3人

『APEX』などの人気作品や、『原神』のような新しい作品もプレイされている

アンケート調査の結果では、プレイのスピード感やグラフィックスの精度といった様々な高い評価を受けている人気ゲーム『APEX』や、中国発の話題作『原神』などがあげられました。またその他にも、『ウマ娘』や『エルデンリング』などの人気作がプレイされています。

『モンスターハンター』や『ポケットモンスター』などの王道作品も人気

『モンスターハンター』や『ポケットモンスター』、『マリオカート』などの王道作品を回答する方も多かったです。また、麻雀や囲碁などのボードゲームや、『遊戯王マスターデュエル』のようなカードゲームをあげる方もいました。ジャンルや形態にとらわれず、様々なゲームがプレイされています。

Q.収入とワークライフバランスの二択では、どちらを重要視しますか?

収入とワークライフバランスの二択では、どちらを重要視しますか
アンケート調査では、SESエンジニアの方に「過酷な環境でも多く稼ぎたい」と「ワークライフバランスを保ち給与は並で良い」という二択の中で選択をして頂きました。その結果、約80%の方が「ワークライフバランスを保ち給与は並で良い」、約20%の方が「過酷な環境でも多く稼ぎたい」を選択しました。SESは柔軟に働きやすいというメリットがあるため、ワークライフバランスを重視し、趣味や家族との時間などプライベートも充実させたいと考えている方が多いということが分かります。

SESエンジニアでは、自分が重要視する部分に力を置いて働ける

SESエンジニアでは、自分が重要視する部分に力を置いて働ける
SESでは、ワークライフバランスを重視したい方、収入面を重視したいという方いずれにとっても働きやすい環境です。収入を重視する場合には、仕事以外に割くことのできる余剰時間を用いて新しいスキルを勉強したり、副業の案件を受けて報酬を得ながらもスキルアップしたりすることができます。自分が働く上で持つ軸や信念を大切にしたいという方にも、SESエンジニアはおすすめすることができます。

Q.現在の貯金額はどのくらいですか?

最後に、現在の貯金額に関する質問に回答して頂きました。以下が、SESエンジニアの方の貯金額の内訳の結果です。
現在の貯金額はどのくらいですか?
割合としては、貯金額が99万円以下である方が約38%、100〜299万円の方が約21%、300〜999万円の方が約20%、1,000万円以上の方が約10%という結果でした。99万円以下という結果が目立っていますが、本アンケート調査の回答者は20代などの若い年齢層が多いため、キャリアやスキルを積むことでより多くの貯金ができることが期待できます。また中には、貯金が一億円以上あるという回答もありました。

年代別の貯金額

年代別の貯金額比較グラフ ~20代~

20代における貯金額の割合は、以下のような結果でした。貯金額が99万円以下であるという回答が最も多い一方で、300万円から999万円以下の貯金額をある方も
います。
SESエンジニア 20代の貯金

年代別の貯金額比較グラフ ~30代~

30代における貯金額の割合は、以下のような結果でした。30代と比較すると100万円以上の貯金があるという方も多くなり、また1,000万円以上の貯金があるという方もいます。
30代の貯金

年代別の貯金額比較グラフ ~40代~

40代における貯金額の割合は、以下のような結果でした。300万円以上の貯金がある方が全体の過半数を占め、1,000万円以上の貯金があるという方が全体の3割を超えています。
40代の貯金

年代別の貯金額比較グラフ ~50代以上~

50代以上における貯金額の割合は、以下のような結果でした。貯金が300万円以上から999万円以下である方と、1,000万円以上ある方の人数が等しく、300万円以上の貯金がある方が全体の6割を超えています。
50代の貯金

貯金が300〜999万円ある回答者の年齢層

貯金額が300〜999万円であると回答した方のうち、最も多かった年齢層は30代で全体の過半数を占めていました。ついで多かったのは20代であり、全体の約32%ほどを占めています。このことから、若い年齢層であっても、スキルや経験などを活かしてSESエンジニアとして活躍することが可能であると分かります。

貯金が300〜999万円ある回答者の年齢層

貯金額が300〜999万円であると回答した方のうち、最も多かった年齢層は30代で全体の過半数を占めていました。ついで多かったのは20代であり、全体の約32%ほどを占めています。このことから、若い年齢層であっても、スキルや経験などを活かしてSESエンジニアとして活躍することが可能であると分かります。

貯金が300〜999万円ある回答者の技術領域

貯金額が300〜999万円であると回答した方のうち、ITインフラの技術領域に携わっているという回答が最も多く、全体の約30%を占めていました。一方で、ITインフラを除く場合に、アプリケーションやエレクトロニクス、セキュリティなどの技術領域を回答している方も多かったため、技術領域に関わらずSESエンジニアでは300〜999万円の貯金をすることができると考えられます。

貯金が1,000万円以上ある回答者の年齢層

貯金額が1,000万円以上あると回答した方の年齢層で最も多かったのは30代であり、全体の100%を占めていました。20代からSESでエンジニアとしてのキャリアをスタートした場合、30代は経験を重ねるにつれてキャリアやスキルが向上している年齢層であるため、より収入が増え貯金額を増やすことが可能です。30代という若い世代であっても、SESエンジニアとして1000万円以上の貯金を行えるような活躍をすることが可能であると分かります。

貯金額が1,000万円以上ある回答者の技術領域

貯金額が1,000万円以上あると回答した方の技術領域は、ITインフラをはじめ、メカトロニクス、アプリケーション、ファームウェア、ケミストリー、データサイエンス、その他間接部門など多岐にわたっていました。SESエンジニアは様々な技術領域において1,000万円以上の貯金が現実的となる高い収入を得ることが可能であると分かります。

SESでは、未経験からエンジニアを始めても高収入を望める

今回のアンケート結果から、20代や30代の多くの若い世代の方がSESエンジニアとして活躍しているということが分かります。貯金額の年齢ごとの内訳を比較しても、20代でキャリアやスキルを積み、30代になり1,000万円以上の貯金が可能になるほどの収入を得るような人材に成長しているという人が多いです。そのため、現在未経験の状態から新しいキャリアを形成しようとしている方や、裁量のある仕事がしたい方、年収を上げたいと考えている方にも、SESエンジニアはおすすめであると言えます。

SESへの転職は、多くの経験をできる機会になる

SESエンジニアは、今回の技術領域の質問に対する回答でもあったように、多くの分野で必要とされている人材です。そして、複数の企業の現場で働くことができることが多いため、多様な仕事に携わることができます。SESへ転職することで、収入面のみならず、キャリア面や自分の視野を広げるなど、様々なメリットを得ることが可能です。

SESエンジニア300名に聞く〜回答者属性編〜

今回アンケートに回答いただいたSESエンジニアの方について、年齢層や性別、技術領域などの回答者属性は以下のようになりました。

回答者の年齢の内訳

今回アンケート調査に協力頂いたSESエンジニアの回答者の方の年齢層は、以下のような内訳でした。
【 回答者の年齢内訳 】
回答者の年齢内訳
回答者の中で最も多い年齢層は、約半数ほどを占める20代が一番多いという結果でした。ついで30代が多く、回答者のうち30代以下が4分の3を占めています。SESエンジニアとして、多くの若い世代が実際に活躍していることが分かります。

回答者の性別の内訳

今回アンケート調査に協力頂いたSESエンジニアの回答者の方の男女比は、以下のような内訳でした。
【 回答者の性別内訳 】
回答者の性別内訳
男性が83%、女性が17%という結果であり、割合だけで見ると男性の方が多くなっているものの、女性も人数に換算すると60名ほどの回答がありました。今回のアンケート調査に回答して頂いたのは男性が多いですが、今後はIT人材の需要の増加により、業界における女性の進出率も高くなっていくと考えられます。

回答者の技術領域の内訳

今回アンケート調査に協力頂いたSESエンジニアの回答者の方が所属する技術領域の内訳は、以下のような内訳でした。
【 回答者の技術領域の内訳 (単位:人)】
回答者の技術領域の内訳
今回のアンケート調査では、ITインフラに携わっていると回答した方が最多であり、ついでアプリケーション、メカトロニクス、ファームウェアなどの領域に携わっている人が多いという結果でした。そのほかにも、エレクトロニクスやデータサイエンスなど、様々な領域の方が回答をしています。

まとめ

本記事では、300名を越える現役SESエンジニアとして活躍する方々へ行ったアンケートの結果を紹介しました。プライベートや趣味が充実しているのはもちろん、若い年代であっても高額な貯金があるという方も多く、年齢を問わず裁量を持って活躍できる業界であると知っていただけたのではないでしょうか。キャリアや転職で悩んでいる方は、未経験からでも活躍できる人材になれるSESエンジニアとしての働き方を検討してみることをおすすめします。

【プロジェクトマネジメント】求められるスキル・おすすめ資格一覧!

【プロジェクトマネジメント】求められるスキル・おすすめ資格一覧!

2022.09.21

記事を読む

キャリア

【IT系】面接に通る職務経歴書作成の極意!書き方で勝つ書類選考(サンプルあり)

【IT系】面接に通る職務経歴書作成の極意!書き方で勝つ書類選考(サンプルあり)

2022.09.19

記事を読む

キャリア

【2022年版/インフラ編】現役エンジニアが薦める参考書と概要の解説!

【2022年版/インフラ編】現役エンジニアが薦める参考書と概要の解説!

2022.09.16

記事を読む

仕事術